アニメをみるを考える

〜アニメファンとして考える、これからのアニメ〜

特集
「アニメを見る」を考える

「アニメは本当に面白い。」
改めて、そう感じることが最近多くなりました。
「面白い」という表現は、単に作品に対してだけでなく、制作の方法や流通の拡がり、世の中の盛り上がりなど、作品にまつわるあらゆる事柄の空気感も指しています。
今回、わたしたちハシッコが創刊する「moguru vol.1」では、いちアニメファンとして今後もアニメを楽しみ続けるために何ができるのかをメインテーマとしています。

CHAPTER 1
アニメの消費に関する世間の行動と考え方

事前にわたしたちの周りにアンケートを行い、その結果からいまのアニメの消費に対する考え方を考察してみました。 グラフやアニメ制作サイドの意見を交えながら、どのような傾向があるのか、調査していきたいと思います。

CHAPTER 2
アニメ業界の市場や収益構造と新たな消費方法

アニメ業界の今を知るために、さまざまなデータやソースを参考にしながら市場や収益構造についてまとめています。業界のことを隅々まで知ることは難しいですが、アニメのこれからを考えるにあたり、最低限抑えておいたほうがいい事実とデータを紹介しています。

CHAPTER 3
アニメ制作の現場から。
制作スタッフにインタビュー

実際にアニメの制作現場で働いている、もしくは働いたことがあるアニメーターや制作進行の方3人にインタビューをさせていただきました。それぞれ違った立場から、業界の課題やアニメについてのリアルな意見を聞くことができ、アニメについて考えるための新たな気付きを得られること間違いなしです。

新刊詳細

誌名 moguru - 「アニメをみる」を考える
頒布価格 500円
委託 未定
仕様 B5 フルカラー 40ページ
頒布場所 コミックマーケット92 3日目
東T29b
企画・制作 hashic.co