ゆるふわにやってきて8年。音楽サークル「STRLabel」はじめてのコミケ参加エピソード

8年間、様々な楽曲をリリースしてきた音楽サークル「STRLabel」。結成から8年たった今でも、M3やコミックマーケットなどで積極的に活動している彼らにインタビューをしてきました!様々な背景をもつメンバーとインターネットで知り合い、ここまでやってこれた理由はなんなのか、そして、活動して間もない頃にはどんな苦労があったのか。活動歴が長いからこそ言える、説得力のある言葉の数々は必見です!

メンバーと知り合ったきっかけはインターネット

サークルの活動內容やメンバー構成、役割について 教えてください

siratama音楽制作がメインのサークルをやっています。2008年に僕と、tigerlily、roopの3人で結成したサークルで、そのあと2011年ごろに、それまでにも知り合いだったコンポーザーのDOT96,、cybermiso、そしてイラストレーターのniniが加わり、現在は6人編成で活動しています。僕自身はコンポーザーではなく、Webサイトの制作やCDのプロデュース、イベント企画など諸々担当しながらリーダーを務めています。

サークルメンバーと知り合ったきっかけはなんですか?

siratamaもともと全員が趣味でBMS[1]という音ゲーの楽曲を作っていて、その中でもかなり渋めな楽曲を作っている人がいて、それがtigerlilyとroopでした。その後メールを送り合ったりmixiで連絡を取り合うようになって、2008年にリアルで初めて集まったんですが、せっかくだからみんなでチームを組んでBMSのイベントでも出てみようかってことで、その場の勢いで結成しました。ちなみに、その時のチーム名は「STR」でしたね。

STRとして初めて制作したBMSでイベントに出場した時の作品ページ。当時のレビューを見ることができる。
http://manbow.nothing.sh/event/event.cgi?action=More_def&num=100&event=54
http://manbow.nothing.sh/event/event.cgi?action=More_def&num=101&event=54
http://manbow.nothing.sh/event/event.cgi?action=More_def&num=102&event=54

サークル名の「STRLabel」にはどんな意味があるんですか?

siratama僕がもともと別のメンバーとsweez[2]っていう音楽ユニットを組んでいたのと、(結成当時の)他のメンバーがtigerlily、roopという名前だったので、3人の頭文字をとって「STR」にしました。その後本格的にアルバム制作するようになってからは、末尾にLabelをつけて「STRLabel」に改名しました。

どのようなコンセプトで活動していますか?

siratama「やりたいことをやろう」というのは結成当時から一貫しています。あとは一応、”ゆがみキャッチー”というのをコンセプトにしていて、世の中の流行りのキャッチーさにひとひねり加えて、自分たちらしい作品を作っているつもりです。

ネットやイベントで続々と新作をリリース。しかしはじめてのコミケは落選

はじめてコミケor同人イベントに参加したのはいつでしょうか?

siratama2008年にサークルを結成してから(その年の)夏にBMSを出したあと、せっかくだからアルバムでリリースしよう!というノリで作ったんですけど、CDを作るのはそれが初めてだったので何もわからなくて・・・。それでもなんとか仕上げたんですけど、コミケの応募方法も全然わからなかったので、知り合いのサークルに委託させてもらいました。そうしたら完売して、売れてよかったなあと思ったのは覚えています。

top

STRLabelにとって初めてのコミケ(委託)となる、2008年のコミックマーケット75にて頒布されたアルバム「ニライカナイep」(特設ページ:http://www.str3.org/str_0001.html

なるほど。では、最初は委託での参加だったんですね。

siratamaそうですね。コミケに関しては、2008年から2011年の夏まではずっと委託でした。ただ、ずっと委託で置いてもらうのも申し訳なくなってきて、そろそろ自分たちでちゃんとブースを出そうということで、[3]M3という同人音楽の即売会に参加したのが2010年です。それが初めて自分たちで出展した同人イベントで、今でも毎年2回必ずブースを出しています。
その後M3でリリースを重ねていって、満を持して2011年の夏コミに応募したんですけど落選してしまって・・。その次のコミケでは当選したので、念願のコミケにやっと参加できました。

はじめてコミケなどに応募するときって、わからないこととかも多かったと思うんですけど、何か苦労したこととかありますか?

siratamaわからないことはとにかく検索しました。申込みに関しては、すでにオンライン申し込みが普及していて、たぶん昔に比べてすごく楽なんだろうなと思いますが、それでもやっぱりわからないことも多かったので苦労しましたね。オンライン申込みって、独自のシステムというか使い勝手が独特だったりするので。

確かに。サークルカットとかはどうしていましたか?

siratama当初はロゴもなかったので、自分で適当にフォントを見つくろってロゴを作っていました。申し込みの段階ではアルバムのジャンルを「ロック&ダンス」にしようと思っていて、そのこともサークルカットに書いたんですけど、実際に出したCDは「テクノ&アコースティック」っていう(笑)。

str

当時リリースしたCD。STRLabelのメンバーとゲストによるクラブ・ミュージックアルバム「T/H/E(画像左)」、sweezによるFINAL FANTASYのアコースティックアレンジ・ミニ・アルバム「Música imaginaria(画像右)」(特設サイト:http://str3.org/2011_c81/

ちなみに、当時、メンバーでのコミュニケーションは何を使って、どのくらいの頻度でしたか?

siratama最初のころはメールとmixiのコミュニティですね。データのやりとりには自分の自宅サーバを使っていました(笑)。
今ではLINE、Skype、Googleスプレッドシートを使っています。当時のメンバーは学生4人・社会人2人だったんですが、頻繁にやりとりするというよりは、普段は各々が自由に活動して、イベントが近づいてきたらボチボチ集まり出す、という感じでした。

各々自分のペースで活動しているとなると、スケジュール調整とかはちょっと難しくなってきたりすると思いますが、そのあたりはゆるくやっていたんですか?

siratamaいや、一時期は相当調整していました。昔は「なんで締め切りギリギリにならないと動いてくれないんだ!」と思ったこともありましたが、各々の意向でやりたいようにやってもらう以上は、そこまで強いらないようになりましたね。
音源に関しても、事前にデモを聞いて修正やフィードバック出しをやっていたこともありました。特に、一時期は年に4〜5枚アルバムを出したりしていたので・・。ただ、あまり規模を大きくしすぎても疲れるし、少しずつ「もっと脱力していこう」となって、いまは自分たちのタイミングでいい感じの作品が出せればOK、というノリでリリースすることが多いです(笑)。

コミケに参加される前にも、ネット上やBMSイベントなどの活動によって実績や認知はあったと思うのですが、当時のコミケ初参加に向けてプロモーションはどのようにされていましたか?

siratamaそこはM3もコミケもあまり関係なくて、だいたい2〜3週間くらい前に特設サイトを公開して、ツイッターに告知するくらいですね。あとは、オンラインでDJやネットラジオをやっている人に音源を送ってかけてもらったりしています。複数の音楽レビュアーの人にメールで「ぜひ作品の紹介にご協力ください」と相談したこともありますが、いまはそこまではやってないですね。ただ、もっとオフライン・オフライン問わずサークルの認識を広げていきたいなとは考えています。

いまでも忘れない、初コミケの思い出と経験

なるほど。それでいよいよコミケに参加するわけですが、いまでも印象に残っていることってありますか?

siratamaイベントの終わり間際くらいに、高校生ぐらいの方がブースに来て声をかけてくれて、そこから15分くらいウチのことを直接語り倒してくれて、最後にCDも買っていっていただいたのは、嬉しかったですね。あとは、当時過去の作品も含めて12枚くらいCDを置いていたんですけど、ブースに来るなり全部買ってくださった方がいたり。

それはすごいですね。逆に何か苦い経験ってありますか?

siratama最初のころは「とにかく目立たなければ!」と思って、メーカー不明の1000円くらいのスピーカーにペイントしまくって、ケーブルも繋がずに机の左右に置くという、よくわからない方向に手を出してました・・(笑)。めっちゃ重いから持って帰るのがつらかったです。
あとは、旅行用のトラベルバッグにCDを詰めて、それを引きずってコミケに行くのが夢だったんですけど、いざやってみたらバッグ自体が7キロくらいあって、その中にCDを詰め込んだら10数キロになってしまって・・。それを持ち上げて階段を登ったりしていたら腰を痛めてしまったので、いまは素直に事前配送しています(笑)。

はじめて参加したとき、どのくらい新譜を刷ったんですか?

siratama最初は100枚程度でしたが、活動を続けるうちにだいたい売上枚数の予測ができるようになって、いまは作品ごとに300〜500枚の間で調整しています。といっても過去に一度枚数を見誤ってしまい、大量に売れ残ってしまったことがあって・・。実家の自分の部屋には今でも在庫のCDが山積みになってます(笑)。
CDは手に取った時の感動はすごいけど、物理的な束縛も強いので、大量に余らせてしまうのは避けたいですね。

でもどのくらい頒布するか、というのは難しい面でもありますよね。

siratamaそうですね、そのあたりは実際にやってみて慣れていくしかない。ジャンルごとに売れる枚数もかなり違いますし・・あとは経験豊富な人にアドバイスをもらうのが一番いいんじゃないでしょうか。
もしくは「ロングスパンで売っていく」という視点もあると思っていて、最初に多めに生産しておいて、たくさんのお店に委託したり、自分たちの名刺代わりにCDを配ったり、自身のイベントや他の即売会で再販したりとか。足りなくなってから再生産するとコストもかさんでしまいますしね。ただ、単独のイベントでCDを売り切ってしまい、そのあとはダウンロード販売に移行する、というやり方もあると思います。このあたりは販売物としてのCDをどう捉えるかが大事かなと。
また、最近ではダウンロードカードを頒布するサークルさんも見かけます。まだ少数派のようですが、採用するところが増えていく可能性はあると思います。

ちなみに、コミケを迎えるにあたって気をつけていたことはありますか?

siratamaイベント前日にテンションを上げすぎると、当日の体調が非常につらくなることです(笑)。朝は早いし会場は混雑しているし、非日常の環境で体調を悪くして倒れる人もいるので。体調管理は基本中の基本ですが、一番大事なことだと思います。
それとブース番号は通路から目立つところに載せるように心がけています。ブース番号が見えないと、そこを通る人がどこにいるのか分からなくなってしてしまうので。

サークルでのお金の管理はどうしていましたか?

siratamaサークル用の銀行口座を立ち上げて、出金・入金を僕が一元管理しています。それと、お釣り用の500円玉・100円玉を切らさないようにいつも手元に置いてます。サークル主さんで同じことをしてる人は多いんじゃないでしょうか(笑)。

長く続けるためには仲間と環境が大事

STRLabelさんは活動歴も長いと思うんですけど、同じメンバーで続けていくために意識していることはありますか?

siratama色々なやり方があると思いますが、うちはマイペースなメンバーが多いので、それに合わせてゆるい感じにやっているのが結果的に長続きしているのかなと。しっかり話し合いたい時には予定を合わせて集まるけれど、普段は別々に活動していて、つかず離れずな感じです。それとLINEが登場してからはグループチャットを立ち上げて、気が向いたらイベントや動画のことを投稿したりして、それにお互い反応したりスルーしたり、ゆるめのコミュニケーションがさらに加速した感じがあります(笑)。

m3

2016年10月30日の秋M3にて頒布した最新作「STR MANIA 2ndMIX Super Ultimate Awesome Best(画像左)」と「山染世界 x Meine Meinung(画像右)」。

最後に、はじめてコミケに参加する、もしくはサークルを作ろうと考えている人にメッセージをお願いします。

siratama仲間を探して一緒にやるのがいいんじゃないでしょうか。一貫した目的と続けていく意思があれば一人でもやっていけると思うんですけど、メンバーがいると意見交換ができるし、制作後の反省会もやりやすいですし。それと、自分が行き詰まっている時にヘルプを頼めるのも大きいです。自分で1から企画を立ち上げて、みんなに指示出しして動いてもらう、というワンマンっぽいやり方をしたこともありますが、一方的に「頼れる人がいない」という気分になってしまい、すごくつらくなって・・。それで、みんなに意見や感想を聞きながら進めるようにしてみたら、とても心が救われたので。
それに何より、誰かと一緒に何かを作るというのはやっぱり楽しいですし。
それと、身を置く環境も大事かもしれないですね。僕は音ゲー・BMSというやや特殊な界隈から活動を始めましたが、そこには多方面に創作意欲の高い人がたくさんいたので、それに触発されて自分たちも頑張って制作を続けてこられました。仲良くなる人には好きなものや趣味など共通項があると思うので、そこからやりたいことを考えて、突き詰めていったらいいんじゃないかなと思います。

ありがとうございました!

◯ STRLabelの公式Webサイト→ http://str3.org/

コミックマーケット91の新作情報が公開されています!

STRLabel新作「Diagram」は、コミックマーケット91の3日目、西ら05abにて頒布される予定です!特設サイトでは新作の視聴もできるのでぜひご覧ください。

[特設サイト]
http://str3.org/strl_0034/